パートナー弁理士 小泓 正博 (MASAHIRO KOBUKE)     E-mail
 広島大学大学院生物圏科学研究科環境計画科学専攻修了。学術修士。大学院では、液体金属、金属クラスターの電子状態に関し、コンピュータ・シミュレーションによる理論的研究を行う。
 大学院修了後、日本電信電話株式会社に勤務し、SDH/SONETシステム、WDMシステム等の光伝送システムの研究開発に従事する。
 当事務所では、情報通信技術、画像処理技術、ロボット等広範な分野の特許出願、中間処理業務及び鑑定業務を行う。
 保有資格は、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、第一種情報処理技術者、Cisco Certified Network Associate(シスコ技術者認定資格:CCNA)。特定侵害訴訟代理業務可能。

パートナー弁理士 岩瀬 康弘 (YASUHIRO IWASE)     E-mail
 大阪大学大学院工学研究科原子力工学専攻。当大学院では荷電粒子加速器及び自由電子レーザー(FEL)について研究する。工学修士。
 大学院修了後、日本真空技術株式会社(現、株式会社アルバック)にて半導体製造装置及び液晶ディスプレイ製造装置の研究開発業務に従事する。主に液晶ディスプレイ用のスパッタ装置や半導体装置用のイオン注入装置等の研究開発を行う。
 当事務所では、半導体デバイス、液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイ、光学機器、通信機器、ロボット関連等の幅広い技術分野における特許出願、中間処理業務、訴訟代理業務を行う他、商標出願に関する業務を行う。
 2006年には、Edwards Angell Palmer & Dodge法律事務所(米国)にて開催されたIntellectual Property Summer Seminarに参加し、米国特許実務を学ぶ。さらに、2009年4月から当所海外研修制度により半年間Sughrue Mion法律事務所(米国)にて米国特許実務を行う。特定侵害訴訟代理業務可能。

パートナー弁理士 須藤 雄一郎 (YUICHIRO SUDO)     E-mail
 京都大学大学院工学研究科修士課程冶金学専攻修了。工学修士。大学院では、金属材料中の極微量分析等について研究する。
 大学院修了後、三菱マテリアル株式会社に勤務し、材料技術研究所等において銅合金の開発及び超高純度銅の製造技術の確立に携わる。
 当事務所では、電子回路、半導体、金属、材料、化学、レーザ、ディスプレイを含む広範な分野の特許出願、中間処理業務を行う。特定侵害訴訟代理業務可能。

パートナー弁理士 遠藤 文徳 (AYANORI ENDO)     E-mail
 東京工業大学大学院理工学研究科無機材料工学専攻修了。工学修士。大学院では、MOCVD法による薄膜形成について研究する。
 大学院修了後、キヤノン株式会社に入社し、中央研究所にて研究開発業務に従事する。さらに、中央研究所の特許推進部門に異動し、発明発掘活動、他社特許検討・異議申立、特許戦略の検討等を行う。
 弁理士試験に合格後、知的財産法務本部に異動し、MEMS、半導体、無機EL、超音波診断、磁気記録媒体等の技術について、国内外の特許出願及び中間処理業務を行う。
 当事務所では、半導体、デバイス、情報通信、材料分野を含む広範な分野における国内外の特許出願、中間処理業務を行う。

パートナー弁理士 尾関 伸介 (SHINSUKE OZEKI)     E-mail
 防衛大学理工学部電気工学科卒業。陸上自衛隊幹部候補生学校入校後、陸上自衛隊にてミサイル開発に従事する。
 その後、日本電気株式会社に入社し、無人標的機誘導システムの開発業務に従事する。
 同社特許部に異動し、内外国特許出願業務に従事する。主に電波機器、通信機器、誘導装置、レーザ半導体、光素子などの技術分野を担当する。
 25年間に亘り特許事務所を経営した後、当事務所に入所する。
 当事務所では、経験を活かし、幅広い技術分野における特許出願、中間処理業務を行う。

パートナー弁理士 福岡 裕貴 (HIROTAKA FUKUOKA)     E-mail
 長岡技術科学大学工学部電気・電子システム工学課程卒業。第一種情報処理技術者、ネットワークスペシャリスト情報処理技術者、デジタル第一種工事担任者、第一種伝送交換電気通信主任技術者。
 日立通信システム株式会社(現日立情報通信エンジニアリング株式会社)に入社し、大型汎用コンピュータの通信制御プログラム及びIPネットワーク用アクセスサーバの通信制御プログラムの開発業務に従事する。
その後、特許庁にて5年間にわたりネットワーク分野の特許出願を審査する。
 当事務所では、情報通信、回路、マイクロコンピュータ、半導体分野を中心に特許出願、中間処理業務を行う。さらに、審査官としての経験を活かして、権利取得のコンサルティング業務も行う。

パートナー弁理士 上野 健二 (KENJI UENO)     E-mail
 北海道大学理学部物理学科卒業。テクニカルエンジニア(ネットワーク)。CCNA、CCDA。
 株式会社NTTドコモにてサービス制御装置のソフトウェア開発、IPネットワーク設計業務に従事した後、知的財産部に異動し、次世代ネットワークに用いられる無線通信技術分野の発明について技術標準化活動に合わせた権利化活動を行う。
 当事務所では、主に通信・情報処理・回路関連分野の特許出願、中間処理業務を行う。