弁理士 秦 恵子 (KEIKO HATA)     E-mail
 東京工業大学大学院総合理工学研究科化学環境工学工学専攻修了。工学修士。大学院では、液晶の界面薄膜の作製と蛍光法による液晶挙動の評価等について研究する。
 大学院修了後、旭化成工業株式会社(現、旭化成株式会社)に入社し、半導体関連材料の開発、フォトリソグラフィの検討、薄膜物性の検討等の開発業務に従事する。
 旭化成工業株式会社を退職後、他の特許事務所にて機械・電気分野の特許出願、中間処理業務を行う。
 当事務所では、機能性高分子材料、液晶材料、半導体材料等の化学分野を中心に、ナノ技術分野、環境分野、バイオ分野、ディスプレイ分野等の国内外の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 井上 知久 (TOMOHISA INOUE)     E-mail
 工学院大学工学部機械工学科卒業。
 自動車部品メーカにて複合材料を用いた軽量・高強度部品の開発及び製作業務に従事した後、 他の特許事務所にて建築、機械、ディスプレイ関連の発明に関する国内出願及び中間処理業務を行う。
 当事務所では、機械、ロボット、ディスプレイ部品を含む技術分野の特許出願、中間処理業務を行う他、意匠出願業務も行う。

弁理士 小西 直也 (NAOYA KONISHI)     E-mail
 早稲田大学大学院理工学部機械工学科修了。工学修士。
 全日本空輸株式会社の原動機整備部門にて、ジェットエンジンの整備、性能試験システム開発業務等に従事した後、他の特許事務所にて、制御、自動車、情報処理、機械、光学関連の発明に関する国内外出願及び中間処理業務を行う。その間、光学メーカの知的財産管理室にて知財業務全般を行う。
 当事務所では、ロボット、機械、情報通信等の技術分野の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 井吉 めぐみ (MEGUMI IYOSHI)     E-mail
 名古屋大学大学院工学研究科修了。工学修士。大学院では、プラズマCVD膜の有機分子吸着挙動とガスセンサーへの応用について研究する。
 大学院修了後、インターナショナルディスプレイテクノロジー株式会社に入社し、液晶ディスプレイの設計、開発業務に従事する。
 当事務所では、液晶ディスプレイ、半導体デバイス、検査装置、レーザ顕微鏡等の幅広い技術分野における特許出願、中間処理業務を行う。2010年10月から当所海外研修制度により半年間Sughrue Mion法律事務所(米国)にて米国特許実務を行う。

弁理士 関 京悟 (KYOGO SEKI)     E-mail
 早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了。工学修士。応用情報技術者。大学院では、移動する電界を利用した粒子搬送について研究する。
 大学院修了後、日本電産株式会社に入社し、HDD用スピンドルモータやパワーステアリング用ブラシレスDCモータの研究開発業務に従事する。その後、他の特許事務所にて、連続鋳造機、繊維機械、自動車エンジン補機、自動車インパネ、圧縮機、冷凍器、風力発電、波力発電等の発明に関する国内外及び中間処理業務を行う。
 当事務所では、機械分野を中心に、ロボット、情報通信、電子回路を含む技術分野の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 西川 隆記 (TAKANORI NISHIKAWA)     E-mail
 静岡大学大学院理工学研究科システム工学専攻修了。工学修士。大学院では、離散学習パラメータを持つバックプロパゲーション学習法について研究する。
 ローム株式会社にてオーディオやビデオ用のアンプ、ドライバ等のアナログ回路設計及び基板設計業務に従事する。
 当事務所では、アナログ回路・デジタル回路・マイクロコンピュータ・基板を含む広範な分野の特許出願・中間処理業務を行う。さらに、中小企業支援を得意とし、商標出願業務も行う。

弁理士 春田 耕平 (KOHEI HARUTA)     E-mail
 東京工業大学大学院総合理工学研究科材料物理科学専攻修了。工学修士。大学院では、Ni3Ge単結晶における超転位運動のIn-situ観察について研究する。
 ソニーLSIデザイン株式会社にて主にLSI設計環境開発業務に従事する。
 当事務所では、デジタル回路・アナログ回路・マイクロコンピュータ・材料分野を中心に特許出願・中間処理業務を行う他、中小企業支援も行う。

弁理士 成田 正和 (MASAKAZU NARITA)     E-mail
 東京大学工学部システム量子工学科卒業。
 住友電気工業株式会社にて高出力半導体レーザ、フォトダイオード等の光デバイスの開発業務を行なうとともに、半導体リソグラフィ・回折格子作製技術について担当する。
 当事務所では、アナログ回路・デジタル回路・レーザ・半導体製造技術・マイクロコンピュータ・ネットワーク等の技術分野における特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 中野 桜子 (SAKURAKO NAKANO)      E-mail
 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了。理学博士。博士課程の研究分野は、生化学・生物物理学であり、分子モータたんぱく質であるATP合成酵素について研究する。
 他の特許事務所にて画像処理、ソフトウェア、日用品、プリンタ、プロジェクタ、光ディスクを含む広範な分野の特許出願・中間処理業務を行った後、当事務所に入所。
 当事務所では、光学、バイオ、化学、情報処理、ソフトウェア、画像処理等の分野を中心に特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 天野 英一 (EIICHI AMANO)     E-mail
 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻修了。工学修士。
 三菱重工業株式会社にて、産業用蒸気タービンの設計業務及び取り纏め業務に従事した後、他の特許事務所にて、コンピュータ、複写機、通信機器関連の発明に関する国内外出願及び中間処理業務を行う。
 当事務所では、主に通信・情報処理・機械・制御関連分野の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 花野井 康治 (KOJI HANANOI)     E-mail
 慶應義塾大学大学院理工学研究科管理工学専攻修了。管理工学修士。ソフトウェア開発技術者。テクニカルエンジニア(データベース)。SEA/J Certified Security Basic Master (CSBM)。
 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(現株式会社日立ソリューションズ)にて、書誌情報のWEB検索システム(XMLデータベース、WEBサービス、及び連想検索エンジンを用いたJavaベース)の開発、複数の業種におけるWEBアプリケーションを含む基幹システムの開発、並びに、WEBシステムの性能評価用ソフトウェアの研究開発等の各業務に従事する。
 当事務所では、主に、情報処理、ビジネスモデル、LSI設計プログラム、通信、画像処理分野の特許出願、中間処理業務を行う他、中小企業支援も行う。

弁理士 宮里 達也 (TATSUYA MIYAZATO)     E-mail
 筑波大学大学院修士課程理工学研究科修了。理工学修士。
 松下電子工業株式会社、松下電器産業株式会社(現、パナソニック株式会社)にてLSI製造技術開発業務、イメージセンサ事業等の知的財産管理業務に従事した後、特許庁にて画像認識技術の特許審査業務を行う。
 当事務所では、画像認識・画像処理・半導体製造などの技術分野を中心に特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 上原 淳 (JUN UEHARA)     E-mail
 東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修了。工学修士。応用情報技術者。
 東海旅客鉄道株式会社(JR東海)にて、主に、新幹線の座席予約システムに関するシステム構築、工事設計、保守及び運用業務に従事する。その後、他の特許事務所にて、複写機、半導体製造装置、画像処理、ソフトウェア、制御分野などの特許出願・中間処理業務を行う。
 当事務所では、制御、情報処理、ソフトウェア分野を含む広範な分野の特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 柏木 一浩 (KAZUHIRO KASHIWAGI)     E-mail
 北海道大学大学院理学研究科化学専攻修了。理学修士。大学院では、実験である電子線回折法と、理論計算である分子軌道計算を併用した気体分子の詳細構造決定について研究する。
 大学院修了後、日本酸素株式会社(現大陽日酸株式会社)にて、半導体材料ガスの供給、分析技術の開発に従事した後、他の特許事務所にて約4年間に亘り通信・情報処理等の技術分野の国内外特許出願、中間処理業務を行う。
 その後、特許庁にて審査官として電気化学関連の分析装置の分野の出願において2000件を超える審査を行う。
 当事務所では、通信・情報処理分野及び分析装置分野を中心に特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 森 俊夫 (TOSHIO TAKAMORI)     E-mail
 明治大学工学部電気工学科卒業。
 キヤノン株式会社にて複写機、レーザービームプリンターの研究開発業務に従事する。その後、他の特許事務所にて、通信、情報処理、電気回路、半導体、ビジネスモデル、制御等の分野の国内外特許出願、中間処理業務を行う。
 当事務所では、主に通信、情報処理、回路分野の国内外特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 福田 奨 (TSUTOMU FUKUDA)     E-mail
 東京工業大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了。工学修士。中小企業診断士、第一種冷凍機械責任者。
 大学院修了後、三菱電機株式会社に入社し、エアコン、冷蔵庫などの冷媒回路に関する研究開発業務に従事する。その後、住友重機械工業株式会社に入社し、半導体製造装置向け真空ポンプ(クライオポンプ)の開発設計業務に従事する。開発設計業務に従事した後、他の特許事務所にて機械・電気分野の特許出願、中間処理業務を行う。
 当事務所では、ロボット、機械、情報通信等の技術分野の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 高橋 英樹 (HIDEKI TAKAHASHI)     E-mail
 東北大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。博士課程において半導体中の金属不純物の挙動を研究する。
 東北大学金属材料研究所にてナノ構造材料の研究。その後、富士通株式会社及び株式会社富士通研究所にて半導体プロセスの研究開発業務に従事。特許庁にて5年間にわたり半導体機器の特許出願を審査。その後、他の特許事務所にて半導体装置に関係した分野の特許出願、中間処理業務に従事。一般財団法人知的財産研究所にて調査研究業務に従事。
 当事務所では、半導体装置に関連した分野を中心に特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 石原 由晴 (YOSHIHARU ISHIHARA)     E-mail
 立命館大学理工学部情報学科卒業。
 株式会社パナソニックモバイル静岡研究所(現株式会社パナソニック システムネットワークス開発研究所)にて、携帯電話の高周波回路及びアンテナに関する研究開発に従事する。その後、特許庁にて10年間にわたり通信分野の特許審査業務を行う。
 当事務所では、主に通信、情報処理、回路分野の国内外特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 小笠原 洋平 (YOHEI OGASAWARA)     E-mail
 総合研究大学院大学大学院生命科学専攻遺伝学研究科博士課程修了。理学博士。ショウジョウバエにおけるDNA超らせん化因子による遺伝子発現制御について研究する。
 博士研究員としてショウジョウバエの器官形成を分子生物学的に研究する。
 他の特許事務所にてバイオ、健康食品、医薬、化学品及びプリント基板といった分野の特許出願・中間処理を行った後、当事務所に入所。
 当事務所ではバイオ、化学、二次電池、ナノ材料及び機械の分野を中心に特許出願・中間処理・調査業務を行う。
 日本食品・バイオ知的財産権センター(JAFBIC)特許委員会所属

弁理士 稲垣 洋 (HIROSHI INAGAKI)     E-mail
 富山大学大学院工学研究科電子情報工学専攻修了。工学修士。大学院では、C言語を用いて画像から文字列を抽出するアルゴリズムについて研究した。
 大学院修了後、石川県の県職員となり、水力発電所の保守・点検・運転業務、及び水道事務所の保守・点検業務などに従事する。
 県職員の退職後、他の特許事務所にて電気回路、半導体、フラッシュメモリ、光ディスク、ソフトウェア、システムLSI、液晶ディスプレイ、携帯電話機、医用画像装置、赤外線撮像装置を含む広範な分野の特許出願・中間処理業務を行った後、当事務所に入所。
 当事務所では、通信・情報処理・回路関連分野における国内外の特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 森川 剛一 (GOICHI MORIKAWA)     E-mail
 東京大学工学部精密機械工学科卒、東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。工学修士。大学院では、自律移動型ロボットの三次元環境認識について研究する。
 キヤノン株式会社へ入社し、一眼レフカメラの開発を担当した後に知財部へ異動。知財部では、カメラ技術に関する権利化業務、係争事案対応を担当する。その後、他の特許事務所へ移り、機械、制御、電気、光学(特にこれらが相互に関連する映像技術、センシング技術、精密加工技術)などの技術分野の出願、中間、係争支援業務を担当する。
 当事務所では、ロボット技術、映像技術、加工技術を中心に国内外の出願、中間、係争支援業務を行う。

弁理士  義輝 (YOSHITERU TAKA)     E-mail
 広島大学工学部第一類(機械系)卒業。
 ソニー株式会社にて、車載用音響機器、車載用光ディスク再生装置、PC用光記録装置の機構設計・メカトロニクス開発、データストレージ機器の商品設計、センサーデバイスの開発などを担当。
 当事務所では、ロボット、機械、情報通信等の技術分野の特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 清水 和弥 (KAZUYA SHIMIZU)     E-mail
 東京工業大学大学院理工学研究科高分子工学専攻修了。工学修士。大学院では、主鎖型高分子液晶の物性について研究する。
 他の特許事務所にて主に通信・情報処理分野における国内外の特許出願・中間処理業務に従事する。
 当事務所においても主に通信・情報処理分野における国内外の特許出願・中間処理業務を行う。

弁理士 川端 学 (MANABU KAWABATA)     E-mail
 上智大学理工学研究科電気電子工学専攻修了。工学修士。
 大学院修了後、株式会社NTTドコモおよび外資系電機メーカにて、主に移動体通信の無線系システム(特に無線基地局)のソフトウェア開発業務に従事する。
 当事務所では、主に通信、情報処理を中心に特許出願、中間処理業務を行う。

弁理士 赤星 猛 (TAKESHI AKABOSHI)     E-mail
 東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻修了。理学修士。大学院では、遷移金属錯体の合成を行うとともに、分光学的な手法を用いて分子間のエネルギー移動に関する研究を行う。
 大学院終了後、公設研究機関において、食品中の農薬、動物用医薬品、重金属等、微量物質の検査法に関する検討を行う。
 その後、他の特許事務所にて、半導体、表示装置、光学フィルムなどの分野で、特に化学・材料系に特徴のある発明を中心に国内外特許出願、中間処理業務を行う。
 当事務所では、主に化学・材料系の発明に関する国内外の特許出願・中間処理業務を行う。